インターデザインは、動:「レイアウト的要素」、美:「デザイン的要素」、知:「戦略的要素」、
この3つを常に意識して、展示会を成功へと導きます。芸術家気取りのデザインの押し売りは、致しません。

そのため、クライアント様の展示商材の詳細や、ご要望を聞かせて頂くことにとことんこだわります。
私たちから出来る「集客×売上」のプランニングを体験して下さい。

「集客×売上」デザイン=展示会の成功


ブースを作り始める前に


展示会の目的を明確にする
  • 出展の目的(新商品の発表、新規顧客の開拓、展示会での即売etc...) を明確にする。
  • 展示会でのターゲットを決める。
  • 出展する商材の量や種類、重要度を決める。

これらのことを明確にすることで、商品を効果的に展示する方法や、当日のスタッフが 効率良く動くことのできるブースの装飾に近づけます。

展示会への出展の意向を事前に宣伝する
  • 既存の顧客や営業先などへ招待状を送付する。
  • 自社や展示会ホームページなどを活用し、出展する意向やポイントを宣伝する。

これらのことを行うことで、展示会当日の見込み客の増加をはかります。

ブースを作るにあたって


アイキャッチでお客様の足を止める
  • 塔や部を高さと迫力のあるもにする。
  • アンドンを塔や部や展示台に使用する。
  • モニターやナレーション、実演コーナーを設け音や映像などの動きを使用する。

これらのことは、お客様の目につきやすく、ブランドや会社の訴求をしたい時や 来場者の足を止めたい時などに力を発揮します。

商品同士のつながりを考えた動線を意識する
  • 商品同士の関連性やカテゴリー分けを考えた動線を確保する。
  • 不要な壁や柱をなくしブース内外をスムーズに流れる動線をとる。

これらはブースへ興味を持っていただいたお客様が効率良く商材等を見ていただく ために必要不可欠です。

目的に合わせたブースレイアウトを考える
  • 新商品を通路側一等地に全面に押し出す。
  • 収納付き展示台を使用したり、休憩や作業ができる程度のストックスペースをつくる。
  • ゆったりと落ち着ける応接、商談スペースを作る。

目的や優先順位にあわせたレイアウトをつくることで 展示会への出展をより効果的なものにします。

集客や情報収集のための戦略的な仕掛けをつくる
  • アンケートを作成し記入してもらう。
  • コンパニオンを使用し、集客UPや情報収集をする。。
  • ノベールティーやサンプルを配布する。
  • 感謝案内や商品紹介のPVを流したり、実演をするなどでお客様にリアルなイメージを持ってもらいます。

このような戦力的な仕掛けは集客UPや情報収集をに大きく役立ちます。

外から内へ引き込みやすいレイアウトを意識する
  • 間口を広く、大きくとる。
  • 展示台や壁などをブース内へ切れ込む様にレイアウトする。

このようなレイアウトは、ブースに興味を持っていただいたお客様を中に 入っていただきやすくします。

ブランドイメージや会社イメージを意識したデザインにする
  • 照明や壁、柱などの種類を変えブランドや会社イメージに合わせたブースを作ります。
  • 植栽や小物をアレンジしたり高さをかえたりなどでブース全体をデザイン性のあるもににします。

このようなデザインはお客様に、クライアントの会社やブランドイメージや ターゲット層を解りやすく伝えます。

目的に合わせたブースデザインや構成を考える
  • 即売展示会であればレジまでの動線を考える。
  • 提案コーナーをつくるなど実際のショップ売場などをモチーフとしたブースをつくる。

テキストテキスト・・・


最後に

展示会での総括をまとめる
  • 御礼文を送付し追客やアフターフォローをして次や商談につなげる。
  • 来客数や状況などのデータをまとめる。
  • ブースの使い勝手の良かった点、改善したい点、その他他社ブースを見て気になった点をまとめておく。

このようなことをすることで、次回の展示会での目的や目標を決めやすくなり、 より良いブースを作ることができます。